卵殻膜 アトピー

卵殻膜がアトピーにも効果的ってマジ!?※この成分が証拠です

卵殻膜はアトピーにも効果が実感できる!?※根拠となる成分はコレ!

 

美肌効果で話題になっている卵殻膜ですが、アトピーに対してはどうなのでしょうか。

 

この記事では、アトピーに卵殻膜エキス配合のビューティーオープナーは効果があるのかどうかについて調べた結果をお届けします。

 

アトピーにも卵殻膜は効果を発揮する?

 

調べた結果を先に述べるならば、アトピーについても卵殻膜は十分効果が期待できるということになりました。

 

その理由について、以下で述べていきたいと思います。

 

アトピーにも卵殻膜が効果を期待できる理由 その@

 

アトピー性皮膚炎の方は、アトピーの炎症が起きていないときにも肌の水分が奪われがちで乾燥した状態になっています。

 

ビューティーオープナーの主成分である卵殻膜には、1gにつき6リットルもの水分を保つ力のあるヒアルロン酸が配合されていて、肌への保湿効果を発揮します。

 

アトピーの乾いた肌に、ヒアルロン酸の保湿効果は有益だと考えられています。

 

アトピーにも卵殻膜が効果を期待できる理由 そのA

 

卵殻膜にはV型コラーゲンの生成を助ける作用があります。

 

V型コラーゲンは、「若さのコラーゲン」「ベビーコラーゲン」とも呼ばれ、肌の弾力ややわらかさに不可欠のコラーゲンです。

 

V型コラーゲンの肌への作用は、アトピーにも効果があると期待できます。

 

アトピーにも卵殻膜が効果を期待できる理由 そのB

 

ビューティーオープナーに配合されている卵殻膜には、肌を構成する成分も豊富に含まれています。

 

肌の新陳代謝には、新しい肌を作るための材料が必要となりますが、もっとも重要な栄養素がタンパク質で、そしてそのタンパク質を構成する基本単位であるアミノ酸といえるでしょう。

 

卵殻膜には18種類のアミノ酸が配合されています。

 

なかでもシスチンは、シミの原因となるメラニンの生成を抑えたり、肌の老化を促進させる活性酸素から肌を守り、ターンオーバーを促す働きがあり、アトピーにも効果があると考えられています。

 

アトピーにも卵殻膜は有効

 

アトピーに卵殻膜は有効かどうかの話を進めてきましたが、いかがだったでしょうか。

 

卵殻膜はアトピーにも効果を期待できることがわかりましたが、卵殻膜製品そのものはアトピーの治療薬(医薬品)ではないという点を理解することも必要です。

 

アトピーの治療でまず優先されるのは、皮膚科での医師の指示であることはいうまでもありません。

 

ビューティーオープナーの公式サイトでは、卵殻膜の持つ保湿効果についても載っていますので、興味を持たれた方はぜひご覧になってみて下さい。

 

>>初回65%OFFでお試しできる安心の公式サイトはコチラ

 

.

page top