卵殻膜 副作用

卵殻膜の副作用やアレルギーって実際はどうなの?※成分をリサーチ!

卵殻膜は副作用やアレルギーの不安ってあるの?※成分に注目しました

 

美肌効果で話題の卵殻膜ですが、卵殻膜には副作用やアレルギーといった心配はないのでしょうか。

 

この記事では、卵殻膜が配合された製品を使用した際に考えられる副作用やアレルギーについて考えていきたいと思います。

 

卵殻膜含有の製品に副作用やアレルギーはある?

 

結論を述べるならば、卵殻膜そのものには卵アレルギーを引き起こす成分は存在せず、製造過程においても卵殻膜を洗浄して使用しているため、卵アレルギーが引き起こされる可能性は低いということです。

 

むしろ卵殻膜は、人の肌に近い組成をしているので、刺激の少ないなじみやすい素材といえそうです。

 

また、保湿効果で肌にうるおいを与えるヒアルロン酸やスクワランといった有効成分もふくまれています。

 

卵アレルギーが気になるときにしておきたいこと

 

卵アレルギーを持っていて気になる人は、卵殻膜を含有しているサプリメントや化粧品を使う場合、使用前に成分表示をよく見て、製品の成分のなかに副作用やアレルギーを引き起こすものがないか確かめておけば無難でしょう。

 

卵アレルギーを引き起こす原因物質としてはオボアルブミンが挙げられますが、オボアルブミンは卵白中に存在しており、卵殻膜のなかには含まれていません

 

それでも、卵殻膜を卵の殻からはがす工程でオボアルブミンがついてしまう可能性はないとはいえません。

 

もしも卵殻膜が配合された製品を使用して卵アレルギーが起きるとすれば、そのような場合に限ると考えられます。

 

こうした可能性を極力低めるために、製造工程では、卵殻膜を洗浄してから加工するようにつとめているようです。

 

卵殻膜含有の製品には副作用はある?

 

まず「副作用」という言葉は、それが「医薬品」の場合に限り使われるもののため、卵殻膜や卵殻膜含有の化粧品についてはあてはまりません。

 

ただ、副作用という言葉を使えないからといって全く問題が起きないとも言えません。

 

たとえば、わたしたちにとって必要な水ですら、飲みすぎた場合には害になります。

 

やはり使用においては適量を守る必要があり、肌につけすぎたりすれば問題が起きる場合もあります。

 

卵殻膜含有のサプリについても同様で、過剰に摂取すれば問題が起きる可能性はあり、逆に言うならば、適量と使い方を守る分においては卵殻膜化粧品もサプリも問題はまず起きないと考えてもよいと思われます。

 

卵殻膜含有の製品を使用する前に

 

先にも述べましたが、卵アレルギーの原因物質は卵白の方に含まれているので、卵殻膜自体が卵アレルギーを引き起こす可能性は低いと考えられます。

 

それでも、万一を考えて、卵殻膜含有の化粧品を使用する場合には、事前に、パッチテストを行っておけばより安心して使用できます。

 

一方、卵殻膜含有のサプリの場合は、体内に取り込むため、あらかじめ医療機関などで相談しておくのが安心でしょう。

 

卵殻膜製品を安心して使用するために

 

卵殻膜にはアレルギーや副作用の可能性はあるのか、という点を考察してきましたがいかがだったでしょうか。

 

卵殻膜自体にはアレルギーの原因物質となるものは含まれておらず、むしろ肌に近い構成成分でなじみやすい素材といえます。

 

また、副作用については、卵殻膜は医薬品ではないため当てはまりません。

 

しかし、安心安全のためにも、使用においては用法や適量を守る必要があり、これは卵殻膜を含有する製品にかぎらず食事であってもあてはまることだといえます。

 

使用については安全といえる卵殻膜ですが、卵殻膜含有の化粧品を使う前にはパッチテストを、サプリに関しては使用の前に医療機関での相談等をしておけば、より安心して使用ができます。

 

卵殻膜配合のビューティーオープナーの公式サイトでは、各成分とその効果についての記載がありますので、興味ある方はぜひ見てみて下さい。

 

>>初回65%OFFで安心の公式サイトはコチラ

 

.

page top