卵殻膜 潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎の回復効果もある?

潰瘍性大腸炎の回復効果もある?

 

最近日本でも患者数が増えている潰瘍性大腸炎。

 

その大腸炎への卵殻膜の効果についてご紹介します。

 

潰瘍性大腸炎に卵殻膜が効果あり?

 

卵殻膜は美肌に効果ありと言われていますが、最近では、潰瘍性大腸炎にも効果があるという情報があります。

 

そうした情報をネットでご覧になった方もいるかもしれません。

 

果たして、その情報の真偽はどうなのか調べてみました。

 

卵殻膜の効果は学会で発表された!

 

いろいろ調べてみたところ、日本の学会でその効果が発表されているという確かな根拠がありました。

 

卵殻膜の治療効果については、さまざまな研究機関が研究を行っています。

 

東京大学もその1つで、潰瘍性大腸炎を人工的に発生させたラットに卵殻膜を与えるという研究を行っています。

 

2014年には、その研究結果として、大腸炎の指標となる数値がどれも減少したと報告しています。

 

1900年以上も昔から利用されていた卵殻膜

 

海外に目を向けてみますと、古の時代から卵殻膜が怪我や病気の治療に使われてきたことが文献により明らかになっています。

 

例えば、ヨーロッパ。

 

何とテルマエ・ロマエの時代である古代ローマ帝国時代に卵殻膜が傷の手当に使われていたという記録があります。

 

博物学者であるプリニウスの『博物誌』に卵を使った治療法が22も載っていて、そのうちの1つに、卵殻膜が唇の傷を治す、と書かれているのです。

 

また、中国では、明の時代の『本草綱目』に刀で裂けてしまった唇を卵殻膜で治したという話が載っています。

 

このように、1900年以上も昔から卵殻膜の優れた治療効果が利用されていたのです。

 

薬品利用としては卵アレルギーがネック

 

大昔は、皮膚の治療として効果を発揮してきた卵殻膜ですが、近年の研究で、潰瘍性大腸炎や肝機能障害といった病気にも有効であることが明らかになってきました。

 

しかし、未だに薬品としては使われておりません。

 

その理由は、卵アレルギーが起こる可能性があるということです。

 

確かに、卵殻膜は卵の内側にある薄い膜ですから卵からきている成分です。

 

しかし、卵アレルギーは、主に白身部分に含まれる物質が引き起こすのであって、卵殻膜には基本的にその物質は含まれてはいません。

 

それでも、卵アレルギーが起こる可能性が全くないとは言い切れないそうです。

 

そうしたことから、薬品として使うには難しいとされているようです。

 

期待が大きい卵殻膜の可能性

 

潰瘍性大腸炎は、もともと欧米人に多かった病気ですが、最近では日本人でも増加しています。

 

良くなったり悪くなったりを繰り返すことが多く、原因も明確ではなく、日本では難病に指定されています。

 

そのような病気に効果があるということで、卵殻膜の可能性には注目が集まっています。

 

卵殻膜は、卵の内側の極めて薄い膜ですが、未だそのパワーの全容は解明されていません。

 

今後ますます期待が高まる素材です。

 

アルマードは、卵殻膜のパイオニアです。

 

ここまでのご紹介はいかがだったでしょうか。

 

卵殻膜のパイオニアであるアルマードの公式サイトには、美容効果の高い卵殻膜製品なども載っていますから、ご興味を持たれた方はぜひご覧ください。

 

⇒アルマードの公式サイトはコチラ


 

.