卵殻膜 効果効能

卵殻膜の効果効能ってスゴイ!※成分と効果をピックアップしました

卵殻膜の効果効能にビックリ!?※驚異の回復力の理由とは?

 

卵殻膜美容液のビューティーオープナーの主な成分である卵殻膜の効果などについて、紹介していきます。

 

卵殻膜の謎の力

 

卵の殻の中に入っている薄皮のことを卵殻膜と言います。

 

親鳥に産み落とされた時点で、卵は親鳥から栄養を貰わないのに雛鳥の体を形成していきますよね。

 

そして雛鳥に羽毛を身に付けさせ、最後には自力で卵の殻を壊して外の世界に出るパワーをつけさせる、雛鳥にこれほどの力を与えるとはすごいですよね。

 

力士は練習や本番の試合でケガをした時に、今でも卵殻膜を貼ることで治療してしまう場合もあるそうです。

 

卵殻膜の3つの効果などについて

 

続いて、卵殻膜に含まれている成分と3つの効果などについて紹介していきます。

 

卵殻膜の成分や効果について その1

 

卵殻膜の主な成分はたんぱく質で、このたんぱく質の中には人の肌や髪にとても似たアミノ酸18種類の他ヒアルロン酸やコラーゲンも含まれています。

 

この他に、シアル酸、デスモシン、イソデスモシン、プロテオグリカン等の美肌に効果のある成分も含まれているため、モチッとした弾力のある肌に近づけてくれます。

 

卵殻膜の成分や効果について その2

 

美肌には欠かせないシスチンがたくさん含まれています。

 

肌以外にも髪の毛をキレイな状態で維持してくれる効果が望めます。

 

卵殻膜に含まれているアミノ酸18種類の中の1つがシスチンですが、人間の肌と比較して5倍以上のシスチンが卵殻膜には含まれています。

 

他にシスチンが含まれている食品は、小麦や大豆等のたんぱく質の中にもいっぱい含まれていますが、これらの食品と比較しても卵殻膜の方がシスチンの量はずば抜けて多いです。

 

シスチンは人間の体内に取り込まれるとL-システインという成分に変化します。

 

L-システインと言えばシミやソバカスをケアする化粧品にも配合されていることが多いので、知っている方もいるのではないでしょうか。

 

卵殻膜の成分や効果について その3

 

赤ちゃんの肌に沢山含まれている3型コラーゲン(通称ベビーコラーゲン)を手助けする効果があります。

 

人の肌の約7割は3型コラーゲンと1型コラーゲンから生成され、3型コラーゲンには肌の弾力を維持する効果があります。

 

こんな3型コラーゲンですが、20代の中頃から少しずつ減っていきます。

 

良く言われる「お肌の曲がり角」はこのことを言っていて、3型コラーゲンが減ることで肌は少しずつ硬化していき、ヒフはたるみ弾力がなくなっていきます。

 

ですが、減少していく3型コラーゲンをカバーする効果が卵殻膜にはあることが、近頃の研究で判明しました。

 

ビューティーオープナーで卵殻膜の効果を体感できる

 

どうでしたでしょうか。

 

総合すると、卵殻膜には肌や髪がキレイに保てるようにするエイジングケア効果があるということです。

 

ビューティーオープナーの公式販売店でも卵殻膜の効果について紹介していますので、興味のある方は1度読んでみてはいかがでしょうか。

 

 

.